アンダーヘア(陰毛)の処理用品、正しく使えていますか?

アンダーヘアの脱毛に用いる器具一式

アンダーヘア(陰毛)のお手入れは、クリニックや脱毛サロンで施術を受けた場合、数万円~、場合によってはそれ以上の費用が掛かるケースもあります。

最近では永久脱毛をしていると言う方も増えていますが「夏の時期だけは水着を着たいのでVラインだけは自分で処理している」という方も多いでしょう。処理のしかたを独学で調べたり、友人に教えてもらったり…。脱毛サロンで剃毛経験のある方は見様見真似で挑戦してみたり…。なんとなくできてしまうかもしれませんが、処理後に肌荒れを起こしてしまったり、黒ずみを作ってしまったり、失敗体験が多いのもセルフケアの難しいところです。

 
 
自己処理で失敗したいためにはどんなポイントに注意すればよいのでしょうか?
 

アンダーヘアのお手入れ用品、何を使う?

はさみでカット

はさみ

最もスタンダードな方法として、はさみでのカットがあります。長さが気になったり、陰毛の密集する部位が気になったりする箇所を、自分でカットしたり空いたりして、いつでも手軽に対処することができます。もちろんはさみ代金以外特別な費用もかかりません。

ただし、はさみでのカットは、毛先が鋭利になり、先端が下着や水着からはみ出してしまうことが増えるため、前処理に用いるのは有効ですが、丁寧な処理作業には、あまりおすすめな方法とは言えません。

カミソリ(シェーバー)で剃る

カミソリ

カミソリや電気シェーバーでの剃毛は、アンダーヘアの自己処理方法としては一番スタンダードな方法です。気になったタイミングで、短時間で手軽に行えるほか、コストがかかることもありません。

しかし、脱毛と異なり、日が経てば再び生えてくることや、毛の生えはじめのタイミングでチクチク痒みをまねく原因となったり、肌の弱い方だとカミソリ負けをしてしまい、肌荒れに発展するケースもあるため、入念にアフターケアを行う必要があります。

ピンセットで抜く

ピンセット

女性器の毛、すべてをピンセットで抜く方はほとんど居ないかとおもいますが、Vラインからはみ出る部位の毛はピンセット等で抜いてしまうという方は多いでしょう。

ピンセットで抜く方法は、以後、毛根が再生されるまでの、しばらくの期間、処理の必要がなくなるため、楽ではありますが、脱毛作業の際に痛みを伴うことや、作業時間がかかるのが弱点です。

ヒートカッター(Vライントリマー)などを使う

女性用のヒートカッター

長く伸びた毛をカットして整えたり、アンダーヘア全体の長さを調節するのにも便利なのがヒートカッターです。最近では、\2,000円前後でVライン専用のヒートカッターが手に入るようになりました。コストパフォーマンスにも優れているので常備アイテムとして非常におすすめです。

除毛クリームやワックスを使う



楽天リアルタイムランキング1位獲得!人気のAngelica wax

カットや脱毛と違い、塗るだけでアンダーヘアの処理が出来る方法が、除毛クリームや専用ワックス塗布の良いところです。しかし、配合される薬の成分の影響でアレルギー症状が出たり、肌がかぶれてしまうケースも多いため、使用の際は、十分に配慮する必要があります。

また、長年、除毛クリームやワックスでむだ毛処理を行ってきて、トラブルの経験が無いという方でも、加齢による代謝の低下や、体調不良などの影響で、突然肌荒れを起こすことがありますので、アフターケアを含め、慎重な経過観測が必要です。

自宅に居ながらエステ級のムダ毛ケア!


@コスメの脱毛・除毛部門、口コミランキングで第1位!!実際に使用した人の92パーセントが毛が減ったと回答!!“フラッシュトリートメント → クールダウン” というサロン脱毛と同様の施術工程を一台で実現した品質技術。僅かな時間でエステ後のような理想的な肌が手に入る、まったく新しい光美容器【レイボーテグランデ】。皮膚科医によって皮膚への安全も確かめられた初心者にも優しい製品です。

レイボーテで対応可能なカラダのパーツ解説

仕上がりはプロのサロン並!全身のムダ毛が気になるパーツに対応できるから一石二鳥♪広い照射面積に加えて照射間隔も大幅に短縮され楽々短時間であっという間に可能に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です