アンダーヘアを自分で処理するときの注意点とは?

からだのラインを強調した女性モデル

最近、脱毛サロンやエステさんで”ピュビケア”という言葉を見かけたことはありませんか?ピュビケアとは、正式にはピュービックヘア(Pubic Hair)。アンダーヘアをケアするという意味の造語です。デリケートゾーンをただ脱毛したり剃毛処理するだけではなく、アンダーヘアは、美しく保つためのトリートメントを行ったり、黒ずみを予防、解消するための施術を行ったり、保湿することで女性器全体の肌の張りを保ったりとデリケートゾーン全体のお手入れを行うケア方法です。

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では、母から娘へ受け継ぐほどごくごくスタンダードなセルフケア方法で、夏のVラインが目立つシーズン前や、男性とのお付き合い時にはマナーとして考えている女性も多いようです。近年、日本でもこのピュビケアを施術する脱毛サロンやエステが増え、雑誌メディアやテレビでも取り上げられるなど注目が集まってきています。アメリカの海外ドラマ「SEX AND THE CITY」でブラジリアンワックスでの脱毛シーンが話題となったことでも有名です。

ケア用品が身近に

国内の化粧品メーカーからも実に多くのピュビケア用品が市販されるようになりました。pHバランスに配慮し、肌に負担をかけず優しく洗浄するソープや、細部にまで浸透する保湿ミルクなど、デリケートな女性器の特性に配慮して開発された化粧品が売れ始めています。

また、脱毛のためのブラジリアンワックスも種類が増え、セルフケアを行う女性が増加傾向にあります。※ブラジリアンワックスは、水飴のような粘着力の強いワックス剤を脱毛したい陰毛の部位へ塗布し、一定時間経過の後に剥がすことで毛の根元から脱毛処理を行うことが出来るものです。以前は痛みを感じるものが多く、抵抗がある女性も多かったと言われていますが、近年は製品のクオリティが向上し、痛みを伴わないワックスが口コミで人気となっています。

ピュビケアを自分で行う際の注意点

ピュビケアを行う際、サロン等でプロに依頼せずに自分で行う女性も増えてきました。ただし、その際、気をつけなければならないのが、処理後の肌のケアです。

デリケートゾーンの皮膚は、外部から毒素や有害物質を吸収する率=すなわち経皮吸収率が他の体の部位に比べ圧倒的に高いため、セルフケアする際にはこれらのことに配慮した製品を使用することが重要なポイントとなります。

 
特にもともと肌が弱い、かぶれやすいなど、先天的な体質で化合物などの影響を受けやすい方は要注意。肌に合わない製品をせっかく買ったからと無理して使い続けることや、脱毛、剃毛処理自体も慎重に行わなくてはなりません。
 

また、デリケートゾーンのにおいが気になるなどの理由で、ピュビケア用製品(石けん)等を使った膣内洗浄などを無理に行い、本来、においを抑制するために必要な善玉菌を洗い流してしまうなど、誤った”ピュビケア”を行ってしまったというような失敗経験談もよく聞かれます。セルフケアを行う際にはピュビケアについて正しい理解を深め、自分の体に合った施術方法を行うことが大切です。最近では、デリケートゾーンの肌質に考慮した完全無添加のオーガニック製品も多く、初心者の方や肌の弱い方に人気となっています。製品選びの参考にしてみてください。

自宅に居ながらエステ級のムダ毛ケア!


@コスメの脱毛・除毛部門、口コミランキングで第1位!!実際に使用した人の92パーセントが毛が減ったと回答!!“フラッシュトリートメント → クールダウン” というサロン脱毛と同様の施術工程を一台で実現した品質技術。僅かな時間でエステ後のような理想的な肌が手に入る、まったく新しい光美容器【レイボーテグランデ】。皮膚科医によって皮膚への安全も確かめられた初心者にも優しい製品です。

レイボーテで対応可能なカラダのパーツ解説

仕上がりはプロのサロン並!全身のムダ毛が気になるパーツに対応できるから一石二鳥♪広い照射面積に加えて照射間隔も大幅に短縮され楽々短時間であっという間に可能に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です