肉ばかり食べているとデリケートゾーンが臭くなる?

焼き肉の風景

「肉ばかり食べていると体臭がキツくなる」といったことが言われますが、じつは、デリケートゾーンのニオイについても同じことが言われます。

解説する女性ドクター01

 
それはどうして?
 

人間の体から発せられる体臭は、ワキや女性器、乳房などカラダの至る所に存在する「アポクリン腺」という汗腺から発せられる汗が皮脂や垢と混じり合い雑菌を繁殖していく際に発するニオイです。日頃、肉やスイーツなど脂っこい食べ物ばかり食べていると、脂肪を分解しようとする際に脂肪酸が発生しその脂肪酸がニオイのもととなり体臭がキツくなってしまっている可能性があるためです。

肉の脂よりも魚の脂が良質!

魚の脂には、DHAやEPAが豊富に含まれており、中性脂肪やコレステロールを下げる効果などもあり、基本的には人間のカラダにとって良好な脂です。分解時にも悪臭の原因となる脂肪酸の発生も少なく、体臭の軽減にも効果があります。ただし、魚の脂ならば…ということで、魚をフライ料理にして食べてしまったり、ドレッシングを多用したカルパッチョ料理などに偏ってしまっては、本末転倒です。

 
どうしても食べたいときには、食べる分量をできるだけ抑えて食べるようにしましょう。
 

夜の食事は要注意!

お店で出される総菜のからあげ

デリケートゾーンのニオイを含め、体臭の原因となるのが、夜間の睡眠前の重い食事です。人間の体は、眠っている間が本来、胃腸の休息期間であり、活動を停止している時間帯です。この睡眠の直前に、食事をして眠ることは、体が完全には休まらず疲れが取れにくくなるほか、胃腸の働きを悪くし、さらには体臭を強くしてしまう要因となります。また、肉料理がデリケートゾーンの原因であるならば、完全に肉を絶つといったように極端に考えるのではなく、肉料理を適量に抑えて、魚料理の比重を増やし、野菜もバランス良く食べることが、トータル的なデリケートゾーンのニオイ抑制につながっていきます。

「デリケートゾーンのニオイは、すっぱい酸味のあるニオイ、魚の生臭いようなニオイ…」といったように表現をすることがありますが、これはニオイを例えた表現であり、魚臭さとは関係がありません。もしもデリケートゾーンのニオイが気になるようであれば、野菜>魚>肉と言った食生活のバランスで、まずは根本的なカラダの体質改善からトライしてみてはいかがでしょうか?

毎日のピュビケアにおすすめデリケートケア用品売れ筋


アウトクリア

リキットタイプは使いやすいポンプ式で毎日のバスタイムでデイリーケアに使えます。嬉しいのがセットのパウダースプレー!彼とのデート中に持ち歩いて、もしものときに事前に使える便利アイテム!!行為の直前にシュっと一吹き!お手洗いなどで使用すれば気になる汗やムレなどを吸収し肌を清潔に保つことができます。


イビサソープ&デオドラント

生理中の臭い、オリモノの臭い対策におすすめ!イビサビューティーから市販されている薬用イビサソープと薬用デオドラントのセット商品。汗やムレなどから発生する雑菌の繁殖を防ぐのでニオイのもとを抑制することができます。もちろんニオイが気になったタイミングでの使用もOK!ミストタイプなので手を汚すことなく簡単に吹きかけて使用ができます。


薬用ヒップデオドラントクリーム【HIPLIP】

デリケートゾーンのニオイだけでなく、お尻の汗が気になる人、アンダーヘアからのニオイなど。Vゾーン全体に使える薬用デオドラントクリーム!多汗症の女性や長時間の座り仕事でお尻の血行が悪く冷えやすい人の強い味方!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です