デリケートゾーンのニオイを解消する方法は?

露出の多いスカートを捲し上げる女性

露出が増える季節になれにつれ、気になりはじめるデリケートゾーンのニオイ。特に生理前~生理中と重なると、ショートパンツやスカートなどを履いて外出するのも心配という方も多いのではないでしょうか。

 
デリケートゾーンは、膣内や外女性器に存在している雑菌が増えれば増えるほど”臭さ”を増します。
 

ニオイ発生のメカニズム

生理用紙ナプキン

雑菌の増殖を助長しているのは、子宮から剥がれ落ちた皮脂や血液です。月経によって排出された経血が陰毛に付着したり、経血がナプキンに溜まり、下着の中が蒸れてしまったり、皮膚に付着して、皮膚をふやけさせてしまい、結果としてあのような不快なニオイの原因へとつながっています。

雑菌は、これらの生理の際に排出される老廃物を栄養として培養し増殖するために、生理中はふだんより増して、悪臭を発生させる環境を作り出してしまいます。また、女性が自分で感じることのできるデリケートゾーンのニオイは、生理中のニオイだけではありません。性器にかゆみを伴って発症する膣カンジダなどの性病や、陰毛付近に香ることの多いすそわきがの症状も近年増加傾向にあると言われています。これらが原因で起こる不快臭は、当の本人であっても不快に感じるほど、ふとした瞬間に感じてしまうニオイであるため、羞恥心からコンプレックスを抱くようになり、結果、ストレスになってしまうケースが多いようです。

デリケートゾーンのニオイはどうすれば解消できる?

不快なニオイに鼻をつまむ女性

悪臭の原因は雑菌です。つまり雑菌の繁殖を防ぐことができればニオイは抑えられるようになります。そのためには、雑菌が繁殖する可能性のある部位を清潔に衛生的に保つことが絶対条件です。

まず、雑菌の繁殖が著しい部位は、性器の周辺=外女性器と呼ばれる部分です。外女性器には通常、陰毛が生えており、この陰毛には多くの雑菌が吸着し悪臭を放つ要因となっています。この外女性器のお手入れに適しているのが、近年ブームの脱毛です。

デリケートゾーンの脱毛は、清潔さを保つうえで、蒸れや痒みを抑制する効果も期待できるほか、施術後のセルフケアも手軽になります。さらには美肌効果も期待できるということで、人気の施術です。近年では、ニオイの軽減につながる様々な対策ケア用品も市販されるようになりました。

膣外を清潔に保つには?


【シークレットレディ ジャムウソープ】

消臭・黒ずみ・抑毛・引き締め・フェロモン!1つで5役!女性のための究極のオールインワンデリケートゾーン用石けん!!

外女性器の洗浄に適しているのが、ジャムウソープ(消臭石鹸)です。女性器周辺に宿る雑菌の繁殖をおさえることで、汗蒸れの不快感からデリケートゾーンを守り、ツンとくるニオイの発生源を抑えます。

膣内を清潔に保つには?

インクリア

自己流の洗い方が不安な女性におすすめ!

デリケートゾーンのニオイの発生源は、多くの場合、腟内に存在している雑菌の繁殖によるものです。通常、腟の内部では、血液や体液の酸性・アルカリ性のバランスを保つための、pHバランスと呼ばれる機能が働いています。※腟分泌液は通常pH値が3.8~4.5で、酸性に保たれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です