デリケートゾーンの黒ずみ、原因は?対策は?

デリケートゾーンの黒ずみを手で隠す女性

デリケートゾーンの黒ずみとは、女性器の周辺、外女性器一帯の肌が黒ずんで見える症状のこと。夏の水着シーズンになると悩みを抱えクリニックを訪れる女性の数も増加する傾向にあります。

デリケートゾーンの黒ずみは、ワキの黒ずみのように隠れて見えない部分と違って、性交渉の際に男性から見られてしまったり、夏の水着シーズンにビキニラインからはみ出して、周囲の人に気づかれてしまうなど、羞恥心を感じることが多いため、カラダのコンプレックスとして真剣に悩んでいる女性が実は多いと言われています。

原因は?

デリケートゾーンの黒ずみ、その原因は加齢やホルモンバランスの乱れなどによって生じるメラニン色素が過剰に増加して色素沈着が起こること。通常であれば、メラニン色素は古い角質として剥がれ落ちますが、加齢やホルモンバランスの乱れによって、新陳代謝が衰えると、皮膚に停滞し、その残った色素がしみやそばかすを引き起こし、黒ずみの原因となります。女性器一帯にできる黒ずみも、顔や肘、ワキ、膝、などにできる色素沈着と医学的には同じ根拠です。

・下着やナプキン等による女性器の皮膚の摩擦
・女性器にかゆみを感じ、かき続けたことによる皮膚炎
・脱毛や剃毛など、ムダ毛処理ダメージの蓄積
・日焼けによる紫外線ダメージの蓄積

 
長い歳月をかけて実生活の中で積み重ねられたダメージが黒ずみの原因として考えられます。
 

自然に治ることはある?

“肌のターンオーバー”という言葉を耳にしたことはありませんか?ターンオーバーとは皮膚の表皮組織の新陳代謝のこと。本来であれば、黒ずみになってしまった部分もやがてターンオーバーによってメラニンが排出されて黒ずんでしまっていた部分が消えてなくなります。しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れたり、遅かったりすることで皮膚の古い角質が剥がれ落ちにくくなります。この状態になるとメラニンが排出されにくくなり、その場に停滞してしまうため、黒ずみとなって残ります。


 
ターンオーバーが乱れる原因としては睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消するには?

デリケートゾーンの集中ケア!アノコイ・サボンクリーム

アノコイは、洗う&パックが一緒になったデリケートゾーンの黒ずみ対策用品。8種類のボタニカルオイルと30種類の美容成分がデリケートなVゾーンの代謝を促進。ゴシゴシ洗う必要がなく、気になる部分に優しくなじませて数分おくだけで黒ずみがスッキリします。黒ずみだけでなくニオイ対策やかゆみ対策としても効果を発揮するのでデリケートゾーンのトータルケアに使用できます。

■アノコイの公式ショップはこちら

自宅で簡単セルフケア!ピューレパール

ピューレパールは、デリケートゾーンだけでなくワキやひじ、ひざ、お尻など、全身の黒ずみ対策としても活用できるほか、プラセンタやコラーゲン、トリプルヒアルロン酸などを配合しており、その高い保湿効果で、脱毛後のアフターケア用品としても使えます。

■ピューレパールの公式ショップはこちら

クリニックでの施術

クリニックで症状の相談をする女性のイメージ

最近では、黒ずみをクリニックで治療するという人も増えました。実際に施術方法も急速に進化を遂げています。黒ずみが深刻だったり、早期に解消を望む場合には専門のクリニック等で施術を試みることもおすすめします。

症状によっては、メラニンの合成を抑えるハイドロキノンやレチノイン酸配合クリームによる治療を試みる場合や部分的な手術での除去を試みる場合も。最新の医療ではケミカルピーリングと言って黒ずみだけではなく皮膚のざらつきも取り除きスベスベの肌に近づける施術が早期解決を望む女性に人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です