デリケートゾーンがかゆい!その原因?

デリケートゾーンの痒みを訴える女性

下着の締め付けや生理用品が原因?

女性のデリケートゾーンは皮膚がデリケートなため、何かとすぐに痒みを伴ってかぶれて皮膚が乾燥したりひび割れを起こしたり、場合によっては赤く腫れたり炎症を起こすこともあります。外陰唇が肌荒れをおこしたり、かゆくなるのは、多くの場合が、発汗の際の汗の蒸れや、タイトな下着を着用していることでラインやレース部分に締めつけによるものと言われていますが、それ以外にも、生理用ナプキンやおりものシート、パンティーライナーとの相性によるかぶれが痒みを引き起こしたり、きついガードルなどを履いて臀部全体を覆っていることもかゆみを引き起こす原因になることもあります。

膣カンジダ症が原因?

女性の膣内には、健康な女性であっても、カンジダ菌と呼ばれる常在する真菌が存在しています。ふだん、健康な状態の女性は、乳酸菌の作用によって、膣内が酸性に保たれ、このカンジダ菌のような真菌が増殖することはありません。しかし、何らかの病気の治療で抗生物質を飲んでいたり、免疫が低下して、膣内の酸性環境を保てなくなるとカンジダ菌が増殖。膣カンジダ症を発症し女性器全体にかゆみや、発疹、発赤となって症状が現れることがあります。

 
症状の程度によっては、かゆみよりも皮膚の熱感や触覚過敏の症状に発展することもあります。
 

トリコモナス菌が原因?

トリコモナス膣炎も膣カンジダ同様、デリケートゾーンが痒くなる女性器の病気のひとつです。発症すると、まず、おりものの分泌量が増加。次いで、泡立った、きついにおいのおりものへと症状はだんだんと悪化し、デリケートゾーン全体に痒みを伴って疼くようになります。

解説する女性ドクター01

 
トリコモナス菌は、性交渉によって感染する寄生虫であるため、ふだんからパートナーがコンドームの装用をしていれば感染することはほとんどありません。

外女性器に発疹を伴って発生する痒み

外女性器の皮膚に発疹や、赤み、炎症をともなって発生する痒みにはどのような病気が考えられるのでしょうか?

・外女性器に小さな水疱や潰瘍ができて疼く→性器ヘルペス感染症の疑い
・陰毛部周辺に激しい痒み→ケジラミ症の疑い
・大小陰唇、腟前庭、尿道口に軽い痒み→ヒトパピローマウイルス(HPV)感染の疑い

 
症状が疑われる場合は、ただちに婦人科、もしくは産婦人科。性交渉による可能性が疑われる場合には性病科で診察を行いましょう。
 
 

デリケートゾーンが痒くなる前に予防!

インクリア

からだの免疫力が下がり、何度も感染症のような症状を繰り返しているとデリケートゾーンがかゆくなり、チーズのような固形のおりものが出るようになってしまったり、不快なニオイを感じるようになります。

インクリアはそんな膣内環境の膣内の乱れたpHを整えてかゆみの原因である乾燥から陰部を守る効果も発揮してくれるので日々のデイリーケアにもおすすめです。

使い方は簡単!

滑らかなフォルムの容器でスムーズに挿入し、軽い力で最後までゆっくり押し出すだけ!衛生的な使いきりタイプなので使用後はプラスチック素材として処分します。パートナーとの性行為の前後に使用をしても問題ありません。

ポイント!

・簡単ワンプッシュ!手を汚さずに使える!
・使用後、88%の女性がにおい解消と回答!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です