生理中のデリケートゾーンの洗い方・お手入れ方法を考察!

股間のニオイを手で隠す女性

生理前、生理中はどうしてもおりものなどの分泌物が増えたり、ナプキンで覆われることによる蒸れなどが原因でデリケートゾーンが臭ってしまいます。朝晩は自宅のシャワーなどで対処ができますが、日中、外出していたり、お仕事をしていると対処ができないので、職種によっては「ニオイが気づかれていないか心配…。」という方も多いのではないでしょうか。

生理前後のニオイのケアの仕方として正しい対処法を考察してみましょう。

デリケートゾーンの洗い方

1,生理中は毎日、お風呂で女性器を清潔に保つこと
生理中は雑菌が繁殖しやすく、においの原因となるため、デイリーケアが大切!

2,外女性器(膣の周辺)は専用石っけんなどで、優しく洗い流す
天然の植物エキスに配合される消臭効果などのパワーでにおいを抑制!膣内は別途洗浄。

3,膣内洗浄はシャワーなどでの手洗い洗浄を避けて正しい処置を。
膣内洗浄専用のケア用品などを用いて、良い菌の流出を避けてお手入れしましょう。

4,おりものシートを適切に使用する
シートは説明書きにあるとおりの使用時間を守り、汚れが無くても小まめに交換!

5,下着の締め付けによるかぶれや汗ムレを防ぐため、通気性の良い生理用下着を付ける
かぶれや汗は雑菌を繁殖させ、においの原因になります。

市販の使い捨てビデでお手入れ

膣内洗浄器具「インクリア」

最近では、ウォシュレットの設置が一般的にはなりましたがデリケートゾーンの洗浄には使えません。とくに公衆トイレは日々様々な人が利用をするため雑菌などをもらいやすく最悪の場合、性病になってしまうようなこともあるので利用には注意が必要です。

清潔に膣内洗浄をする方法としては、膣内洗浄器具の【インクリア】を使用したり、ドラッグストアで売っている精製水で膣内洗浄ができる使い捨てビデなどの専用器具を使うと便利です。使い方はタンポンのように先端の棒を膣内にゆっくり挿入し、一気にボトル部分をプッシュして使います。性交渉のあとや生理中ニオイが気になるときに、定期的に使えると理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です